Purple People's Blog

NFLのMinnesota Vikingsについての妄想を垂れ流すブログです

2015年11月

WEEK 9 vs STL

まずは予想外に話が大きくなってるダーティヒット問題から。
先にいうけどテディはこのヒットで退場したが、コンカッションのプロトコルを順調に通過しており次の試合には戻れそうな雰囲気
ジョイナーは試合後のインタビューで 「スライディングしようとするのがわからなかった、見えてたらしなかった」
「ブリッジウォーターと俺は知り合いだし母親同士も知り合いだ。ワザとじゃない。」
 といっているが少なくとも上は嘘だということが分かる。だって5メートルも前からスライディングしてるんだもの。
また明らかに地面すれすれに肩を下げてタックルにいっているわけで普通にタックルにいく時にあの体勢になることはまずありえへん 。ご丁寧に肘まで入れているし

ただ私も含めたミネソタ界隈の反応として、ジョイナーに対して非難が集中している訳ではなく、「あの」グレッグウィリアムズとてめぇでグダグダなペナルティで規律の無さを露呈させといて「スライディングをするQBがヒットされるのは初めてではない」などと○○○○発言をしたフィッシャーにヘイトが向いているようである。
選手もジマーもあいつらはああいうチームだ という反応が多くちょっと遺恨を残しそうな感じです。
あともう一つ明らかなレイトヒットのローヒットがあったけど審判が見逃し。

まあそんな納得いかないこともありなんとか勝てて良かった

STL 18-MIN 21


オフェンス

・テディはまあまあだった。ウォレスへのパスを除いて、いや本当にイップスなんじゃないかってぐらいウォレスと合わんね。テディにも問題があるように見えるのでどうしたもんかね。フリーにはなるから投げない訳にもいかないし
今日はブーツで上手くリズムを作れたように思う。ランとパスとブーツがいい感じで組み合わさっていた


・ランオフェンスはADとガーリーの比較が注目されたけどスタッツだけで見ればADの勝ち
オフェンスラインが好調で特にハリスのブロックがすばらしい。また2TE、3TEを多くつかってたのが効いた。プルイットはブロックもいいし、RACも力づよいし、いい選手だわ
ADもホールの突き方とか最後の1タックルを振り切れないところとかまだ本調子ではないけど徐々に試合感を取り戻している感じはある。
ファンブルは全盛期越えなんだけどね

 ・4Qに入ったヒルだけどちょっとキツいな
ディープがないことが分かっているので前を厚くされると何も出来ないことが露呈してしまった。
まあINTを量産するタイプではないからリリーフするにはいいのかもしれないけどもし来週テディが出れないならハイニキーを使うことも考えてほしい。


・ OTでのコイントスに勝ったけどボールを選ばなかったことは英断だったと思う。まあ結果を出さなければ非難があったのかもしれないけど。
相手のオフェンスとこちらのディフェンスの力関係もそうだし、風向き、なによりQBがヒルでは50ヤード進めるのは相当キツイってのを考えると当然だと思った
結果は6ヤード下げた後パントを蹴らせて、シェレルズのいいリターンもあり20ヤードほど進めただけで余裕のFG
ペナルティの少なさも含めて本当によくやってくれてる


ディフェンス

・今日のゲームボールはジョセフ
もともと今年はプロボウル級のシーズンを送っていたわけだけど、この試合はマジでモンスターだった
スタッツでいってもNTで10タックルというのは相当に変態な訳だけど試合見てても本当に素晴らしかった。
ダブルチームで少しも押されずダブルチームされなければ手さばきで抜いてロスタックル。アウトサイドランにもしっかり対応というNTに求める全てをやってくれた。ガーリーも非凡な動きだったけどジョセフがパクパクと倒したおかげでなんとか抑えたという感じ。フロイドが戻ってきてくるのが楽しみ

・STLはいまどきあまりないオプションプレーを多用してきた。
フォールズはランがないQBだからまだ楽だけどあれでランもパスも決められるようなQBだったら止めるのは相当キツイんじゃないかな
 

・ ニューマンはディープでやられた上に脳震盪で退場。来週は大丈夫らしいが。まあディープで単騎な時点で多少やられるのは仕方ないわな
穴を埋めたウェインズは大事なところでPIを食らったものの、2PDでカバレッジは悪くなかった。もう少し使ってもいいと思う
ローズは二試合連続反則無し。ブロックを外すのは上手くなってるので反則が無くなれば去年以上のパフォーマンスになるんだけどな


・ ケンドリックスの欠場でLBがボロボロだったけどグリーンウェイが今シーズン1のパフォーマンスで穴埋めしてくれた。それはいいんだけどコールまで骨折でシーズンアウト。さらにバーも左手の負傷と来週がまったく不透明な状態。最悪の場合はグリーンウェイ、ワッツ、ロビンソンという布陣も・・・・絶望



詳細未定ながら来週のGB@MINの観戦チャット開設の予定です。
幣ブログを見ている方も参加したい方は是非どうぞ。


 

week9 VS STL

いたるところでいわれてるけれども似たようなチームの対戦
トップ5のディフェンス、イマイチなパスオフェンスにOL、トップクラスのランオフェンス、オフェンスにスーパールーキー、ルーキーRTもそうか、
ホームの差で若干こちらが有利かなと思うけど実力差はほとんどないと思われる
 でもプレーオフ争いを考えたら絶対に勝たなければいけない試合。この試合で負けると勝ち負けで並ばれてしまう。この後のスケジュールを考えるとそれは避けたい


いつもは書かないけどIRがヤバイことになってるので特別に
今のところ二日連続で練習していないのは
バイキングスがバーとケンドリックスのLBコンビ、それにフロイド。いやこれヤバイでしょ二人欠場だともはや想像もつかないけどひとり欠場なだけでも大分キツイグリーンウェイとコールでどの程度やれるのか
さらにヤバイのはラムズ
クイン、ロング、ヘイズのDE上から3人がだーれも練習していない。まあ全員欠場ってのはないんだろうけど、クインとロングのどちらかが欠場だと大分DLの迫力に関わってくる。それでも平均以上なのがなやましいけど
さらにOLの希望RTヘイブンスタインも練習してない。彼が唯一の安定したOLらしいので欠場となると大きい。


今回は似たチームということで比較形式で

両オフェンス
・フォールズはコンサバの権化と化しており一試合平均180ヤード弱しかなげてない。その割りにINTは5つだけど缶詰戦で4INTしており、まあそれ程やらかすタイプではないということでしょう。バイキングスディフェンスもTO奪取能力は低いですし
フォールズの弱点は、QBにモビリティが求められる昨今珍しくかなりの鈍足な所。2005以降のコンバインで見たところ6番目に鈍足なんだからかなりの物。ちなみにフォールズよりおそいQBでまともなプロ生活を送ってるのはポケット棒立ち地蔵ことメッテンぐらい。もちろんそれだけがフットワークを決めるわけではないけど 動画見たところやっぱり自分で動いて時間を作るってタイプではないように見える。それでもサックがすくないのはショートパスオフェンスをやってるからなんだろう。
今年のVikesディフェンスはショートパスにはつよいのでいかにプレッシャーをかけられるかが大事。

 ・一つのポイントがTG3 vs AD
ガーリーはルーキーにして化け物みたいなスタッツを残しており、それこそ2012ADのような最大のウェポン状態。動画を見たところはやいし倒れないし無敵。こやつを止めないと2012や2014の対戦みたいにランでボコボコってのを逆にやられるかもしれない。
こっちは先輩の意地を見せたい。先週のパフォーマンスは試合感が戻ってきたからなのか、それとも上手にホールが開いたからなのか見極めるいい機会になる。


・相手のレシービンググループで目立つのはオースティン。まだエースレシーバーって感じではないけどランでパスでビッグプレーを量産しており、ハービンのような感じ
無理やりにビッグプレーメーカーとして対比させるなら、こっちはルーキーのディグス。ディフェンスが強力な相手にどのぐらい通用するのかってのは楽しみ。

 両ディフェンス
・ 怪我人情報で書いたが欠場者がようけいるので妄想しにくいんだよな
とりあえずラムズで凶悪なのはDLなんだけど 両DEもさることながらドナルドとフェアリーのDTも凶悪。前回前々回とラッシュを押さえ込んでるけどインサイドはこんな面子じゃなかったしね
特にドナルドはペネトレートの神と化しておりダブルチームなんのそのビッグプレーメーカーらしい
この年のドラフトはバーもいい働きしてるし、フロイドもいるので別に後悔するようなものではないけどいくつか指名予想もあったと記憶しているので楽しみではある。
まあ止める方法はわかりまへん。ドナルド以外を止めろってことで


・ 

WEEK8 VS CHI

グダグダな展開ながらもサヨナラFGでの勝利
まあ今大事なのは内容よりも勝ちだから。
ところでソルジャーの芝はどうにかならんのか。別にこちらだけが不利になる展開ではなかったけど、あんだけスリップしてたら怪我するでしょうよ

オフェンス

・テディはやはりソルジャーで良くなかった。
フラーのintはしっかりカバーされてたので投げるべきじゃなかった。
でも同点ドライブと逆転FGのドライブをリードしたので光るところは魅せたということで 
ただウォレスと息が合ってないのが気になる 。フリーのディープパスをミスしたり取れるパスをドロップしたり。

・ADは100ヤードちょいとまあまあな出来だったけど今年一番の動きに見えた。
今までのホールの見逃しとか不必要なダンスとががなかった。それがコンスタントなランに繋がったと思う。もちろんランブロックもよかったけど。
もう少しランでじっくり攻められる展開になれば楽だったと思う
 

・ディグスは6回95ヤード。
同点tdキャッチはショートパスを受けて後ろ向きでフェイク入れてぶち抜いたもの
やっぱ本物ってことでいいですか?スピードが超一流って訳ではないけどやっぱ動きがいいよなぁ 
流れでいうけどCJのジャンプキャッチも素晴らしかった。今のWRメンバーを考えると高さがないのでCJは高さで勝負できるのは強みだよなぁ。CJは来年も格安で残るので、腐らず徐々に成長してくれればよい


 ・オフェンスラインは今期一番の出来かも
マクフィーの1サックのみ。それはカリルが無様に抜かれたものだけどそれだけ。4メンならプレッシャーもそんなにかかってなかったと思う。
さっきもかいたけど良かったのはランブロックでこの試合はプルアウトやリードブロッカーを付けたランが多かったと思うけど今までにないほど走路があった。まあ今までがひどかったともいえるけど。特にザックラインは見違えるようなリードブロックが何度かあった。


ディフェンス

・パスラッシュの係り具合はイマイチ。というかカトちゃんのクイックスローにやられた
しかしカトちゃんはMIN戦だけエリートになるのはやめてくれないか
やっぱりフロイドの不在がいたくて、プレッシャーがかかっても逃げられるシーンが多かった。ブリッツも研究してきたのかもしれないがさんは先発としてフルに出すのはやはりキツイ。
初サックを記録したハンターはパスラッシャーとしては何者でもないって話だったけどサックだけじゃなく、なかなかどうしていいラッシュかけてる。もちろんそれだけの話じゃないだろうけどツーポイントでセットしているってこともあるかもしれない。ロビソンもいつ衰えるか分からないので今シーズン中に頭角を現してくれるのはうれしい。特に素材型といわれた選手だしね


・DBはニューマンおじさんが良かった。パスカバーはこれまでも存外やれてたけどお手本のようなソロタックルをいくつか、他選手も見習ってほしい。
ローズもジェフリーに多少やられはしたものの、ペナが久しぶりに0だったので及第点


ST
・久しぶりにシェレルズがPRTD。いやこれなければ普通に負けてましたね。
ウォルシュも13連続成功で完全復調。
カバレッジもすばらしいしSTはマジで安定してる。あとはもう少しキックリターンがどうにかなるといいんだが




 
ギャラリー
  • 3-76 Scott Crichton DE Oregon State
  • 1-32 Teddy Bridgewater QB Louisville
  • 1-9 Anthony Barr OLB UCLA
  • Mother's Day
カテゴリ別アーカイブ