Purple People's Blog

NFLのMinnesota Vikingsについての妄想を垂れ流すブログです

2014年08月

VS ARI 

こちらはファーストチームが前半出ずっぱりでARIは3シリーズぐらいしかでていないのでなんともいえない部分あり
あとは誰がいいという目立つ選手が先週ほどでていないので書きづらい
とりあえず30-28で勝ち。面白い試合でした


QB
キャセルは良かったんだがところどころでキャセルらしさというか・・・・せっかくCPがパトピーを抜いたんだからあそこは決めてほしかった。ただ多分先発はキャセルだろう
例の彼については別記事を設けます。

RB
アジアタもマキノンも本業では目立たず。
ただブリッツピックアップは頑張っていた。アジアタはプレー間違いでタイムアウトを浪費させるミスもあり
バーナードは遅いドローでパックリ空いた56ヤードランとリターンでも見せた。ただ枠は・・・・

WR
 アリゾナのCB陣をよくセパレートできていたと思う。パトピーはなんだろう不調かCPが成長したのか
セイレンとロドニースミスがともに4キャッチ55ヤードと活躍。ただセイレン君はあの完璧なパスを落としたら駄目だろう。あれを取れなければ彼のフェイバリットターゲットにはなれない。
ロドニースミス、イイ。
思ったよりも高さを感じないけど、スピードとフィジカルのコンビネーションがすばらしい。ロスターになんとか残れないかな

TE
やっぱり一皮むけた感があるルドルフ
一流TEの条件であるLBでもSでもカバーできないの域には達していよいよダブルカバーされることも増えるかも
ただマシューがいなかったんだよな
FBはなんと17プレーしか出てなかったとのこと。
OL
被サックは1つとパスプロは思ってたよりもやれてた
ただランブロは駄目、アジアタが10回走って19ヤードってのは厳しい

DL
割とオーソドックスにラッシュしていたOAK戦に比べて多くローテしていたと思う
セーフティ未遂のプレーではグリフィンがLEでバーがREロビソンが3テクだった
結果としてはサックはバーの一つだったもののプレッシャーは数多くかかっていたので正解だと思う
またPFFによるとグリフィンは最高値だったらしい。そこまでの印象はないけど

LB
バーはまたサックで1.5サック目
このプレーではバーがREでロビソンとジョンソンが3テク、グリフィンがLEでワッツとグリーンウェイがブリッツ
グリフィンが1on1を抜いてプレッシャーからQBが逃げた所をバーがサックという形
別角度の映像がないので分からないがストリップも決めた。やはり一巡でも一桁は違いますな相手は3rdチームのLTだけど前回はFBだったらしいので
ブリンクリーの対ランはやはりすばらしい。あとワッツも良かった

CB
ローズはタックルミスにディープのせり負けと散々。まあカバレッジは悪くなかったけど
今日はプライスでなくシェレルズがスロット。タックルは良かったしよりも速かったけどちょっと役者不足感は否めない
プライスとプレイターが途中退場したものの両方とも軽症なようで一安心

S
さらに混沌を極める
クロッカーとコールマンは存在感無し
サンフォードはいいプレーがいくつかあったが悪いプレーも少し。概ね前進か
このポジションは本当に良く分からないハリソンスミスも結構ボックスに上がるのでカバレッジのできる万能型がほしいんだろうけどサンフォードのカバレッジはイマイチだしどうなるだろう。




 

プレ二戦目の見所 VS ARI

相手はHOUを32-0という無慈悲スコアで破ったARI

VS超一流
今回まず楽しみにしたいのはパトリックピーターソンとクロマティというリーグ有数のフィジカルCB陣とリーグ最高クラスのレシーバーであるフィッツにバイキングスのレシーバー陣、CB陣が通用するかということ。
特にフィッツとの対戦は仮想CJ、仮想ジェフリーという意味合いもある。ここでボコボコにやられるようだとシーズンも心配。 また去年まではCBはサイド固定だったと思うが今シーズンはマッチアップを考えた配置をするのだろうか


パスラッシュ
ARIといえばなんといってもOLの弱さだと思うがLTベルディアの加入である程度は安定していそう。ただそれでも上位に食い込むほどではないと思うのでなんとか効果的なパスラッシュを見せたい。
ジマーはバーをもっとラッシュさせると発言したそうなのでそこにも注目したい



DB陣のロスター争い 
 CBは現時点でのローズ/マナリン/シェレルズ/コックス/プライス/ロビンソン/の6枠である程度固まった感があるがそれでもプレイターの追い上げがさらにあれば分からない、怪我中のロビンソンの漏れはあるのか
そしてさらに混沌としているのがセーフティ。
ハリソンスミスの反対サイドのスターターを勝ち取ったかに見えたブラントンの怪我のあと、何人かでファーストチームをまわしていたが最近加入したベテランのクロッカーにすぐに練習のファーストチームを奪われる始末。
OAK戦のキレキレコールマンを見ると暫定先発でもいいと思うんだが
この分だとS4枠もありそう
 

VS OAK ディフェンス

DL
目立っていたのはステファン、ウットンあたり
ウットンは1on1でLTを振り切ってサック。ステファンはパワーもあり横にも動けることを見せた。



LB
バーはサックを決めましたがごっつぁん気味でした。他は目立たず、カバレッジがぎこちなかったかも
コールはさすがに2ndチームでは格が違ったか
ホッジスが大活躍でキックブロックナイスタックル

去年みたいにミスタックル連発ってことはなかったのでそこは良かったかも

CB
本日はプレイターコックスとほぼ全員良かったですが特に良かったのはマナリン
6-4のレシーバーに競り勝ってPD、ナイスタックルなどキレキレでした。
期待のドラ7プライスは1stチームのニッケルとしても出場、それほど目立ちませんでしたがしっかりしたタックルを見せました。小さいCBはタックルの弱さや不正確さが問題になることが多いのでそこはアピールできたかも

唯一悪目立ちしていたのがジェームズ、狙われ続け去年のジョシュロビンソンのようでした。


 コールマンすごい
このモスコーソ似のイケメンはインセプにロスタックルと猛アピール。寄りが素晴らしく早かった
エキザムは かなり多くのプレーに出てたらしいがぜんぜん目立たず

プレシーズン初戦 VSOAK オフェンス

いよいよプレシーズンが始まりました。プレビューもやろうかと思いましたが間に合わず。
結果は10-6で勝ちファーストチームではドミネイトしていましたが後半になるにつれライン戦でボロボロ
相手の反則にも助けられなんとか勝てました。


QB
キャセルは数字上は完璧でしたがレシーバーがドフリーも多かったしレシーバーに助けられた面もあるので数字ほどは評価できませんがなかなか良かったです
問題のテディですが ポケット内での落ち着きはさすがでパス精度もよかったですが。レシーバーが空いていないのか見つけられないのか投げあぐねるか空いていない所に投げるシーンが目立ちました。

RB
ADは出番無し
アジアタがファーストチーム
残りはほとんどがマキノン
二人とも爆発的なスピードはないですがビジョンの良さを見せてくれました。レシーバーとしても短いパスばかりですが大過なし


OL
ファーストチームはランブロックは良かったですがパスプロはよくありませんでした。まあこの辺も特色なのでしょうが
受けたサックは
ひとつはブリッツのピックアップが間に合わずステップアップしたところをつかまったもの

気になったのは反則の多さ。他のポジションは少なかっただけに目立ちましたまたミスコミニケーション系のプレッシャーも多かったので時間が経てば大丈夫でしょうか

TE
エリソンはブロックはもともと良かったですがレシーバーとしても多く使われていました。
第三TE争いはまったく見えず

WR 
CPはさすが、 タイトなカバレッジに競り勝って二回レシーブを決めました。早くもエースの風格があります。
セイレンはレシーバーとしては目立てませんでしたはリターナーとして非凡なところを見せました。
ライトはファーストチームとしてはあまり出番がありませんでしたがエンドアラウンドでロングゲイン

 

キャンプここまでのまとめ

4日が終わりここまでのまとめ
CPとマナリンはオフシーズン中の怪我ですがもう練習に参加しています。
また今日の練習でCBロビンソンとSブラントンがハムストリングスを怪我してブラントンのほうは3~4週間かかるそうです。






QBs
 最初のうちはキャセルとブリッジウォーターがほぼ半々でポンダーが少しでしたが今日の練習ではほぼキャセルとブリッジウォーターで二分された模様
まあ最初から競争させる気は無かったんでしょうけど。
内容はキャセルは今日は特にひどかったらしいですが全体を通しては良くも無く悪くも無く 
肝心のテディのプレイですがかなり良さげです。チェックダウンの良さはカレッジ時代からですが ディープでも評価されているよう。
ただ今日はイマイチだったとか

RBs 
ADはいつも通りです。レシーバーの練習ではドロップが目立つよう。
マキノンはレシーバーとランナーとしてはかなり評価されていますが。プロテクションがかなり酷いらしい
バーとの1on1でホールディングして。今日1のプロテクションと言われる有様。まるで大人と子供でした。
どの程度向上するかが今期のプレータイムに関わってきそう。
あとは心配なのはフェルトンです。なんかカットのにほひもほのかに

OLs
ヤンキーも特にランブロックで褒められています、ある記者はシーズン開始までに先発を取らなければ驚くと。ただファーストチームでのゴールラインディフェンスではDLを圧倒しているとのことで全体としては現状としても良いそう
ただカリルはグリフィンをホールディングしまくっているそうで心配。グリフィンが良すぎると信じたいですが。または怪我の影響かも

WRs
毎日のようにセイレンのナイスキャッチの情報が入ってきます。
特にテディとの相性が良いらしいのでもしテディが先発ならロスター入りは確定かも、でなくとも最右翼
またQBから転向したコルターもかなり評価が高いも模様

TEs
ルドルフは減量して心配だったがブロッキングで高評価。再契約効果かも
エリソンはどうもルートランナーとして酷評されているようで。逆にレオナルドはレシーバーとしての評価は高い

DLs
ラッシュに関してはいい感じのようですがランストップに苦しんでいるよう。
クライトンは順調なキャンプを送っているようでロスター入りもできそう

LBs
先発はどうも安定しないが恐らくはバー、ブリンクリー、グリーンウェイになりそう。
グリーンウェイミドル案は消えた模様
ホッジスはファーストチームでも出番があるようだけどマウティは無さそう。先発はないのか・・・
バーはラッシュでは評価高いけれどパスカバー、ランストップでは評価があまり聞こえてこない
まあ今日ファーストチームに加わったのでたぶん先発は揺るがないだろう

CBs
ローズはよかったり悪かったりだそう。まあ彼はフルコンタクトでこそ生きるので・・・
ファーストチームはローズとロビンソン
ニッケルにはなんと7順指名のプライスがついていてマナリンが戻ってきてもニッケルを分け合っているそう
6巡のジェームズを差し置いてということはおいといても7巡指名の選手がここまで評価高いのは珍しい
ドラフト通の人からすればプライスのが評価高かったらしいが、私のような素人にはジェームズと似たようなタイプだなとしか思わなかった。恐らくカレッジでのゾーン中心からマン中心への適応がうまくいったんだと思うけど
CBが育たないチームとしてはこういう選手が出てきてくれれば大きいんだけど

SFs
ファーストチームはスミスとブラントン
ブラントンの怪我でスミスとレイモンド又はサンフォードになった模様
サンフォードの評価が低いけどレイモンド以下ってことはないと思うんだけどなぁ・・・


 
ギャラリー
  • 3-76 Scott Crichton DE Oregon State
  • 1-32 Teddy Bridgewater QB Louisville
  • 1-9 Anthony Barr OLB UCLA
  • Mother's Day
カテゴリ別アーカイブ