Purple People's Blog

NFLのMinnesota Vikingsについての妄想を垂れ流すブログです

WEEK 10 VS OAK

さて問題です。今週NFC北地区で唯一負けたチームがあります。それはどこでしょう

というようなジャブをいれつつレビュー。



MIN 30 - OAK 14

オフェンス

・ADは久しぶりの200ヤード越え
頑なにいい続けるけどホールの突き方がまだ真の姿ではないような気もするがほぼ全快。
最後の80ヤードは中央のランだけに集中していたからにしても、それを抜いても80ヤード越え。内からも外からもコンスタントにランが出せるようになってきた。また22や13などのヘビーなパーソネルが33スナップもあったのが功を奏しているのだろう

・テディはゲームマネージャーとして十分やってくれた。ルドのひどいドロップが無ければ2TDだし
投げ捨てを何度も何度もしていたけどレシーバーが空いてないという事なんだろう。
プレッシャーはかなりかかっていたけどギリギリの所でエスケープ出来てた。ここは間違いなく成長しているんだけどね

・OAKディフェンスはリーグでも下のほうの筈だったのだがレシーバーがほとんどオープンになれず。
こういう時に高さで勝負できる選手が必要なんだけどな。
来年はドラ1でレシーバーもいい。TEでもいいけど来年は不作らしい

・OLはパスプロは崩壊気味。まあクレミングスでマックを押さえるのはムリポなので仕方ないけどノータッチで漏らすのはやめれ。
ただランブロは良かった。特にバーガーとファスコ。ファスコはもう少しがんばってくれんとカットもあり得る




ディフェンス

・今日のゲームボールはニューマンおじさん
2INT4PBU
クーパーにも着いていたのか分からないけれどスピードで抜かれることも無くシャットダウンコーナーと化したおじさん。特にここ4試合のVikesディフェンスはINTがで0でターンオーバー増やさなければ中々勝てないだろうなと思っていただけに存外の喜び

・ケンドリクスが欠場。バーも怪我を押しての出場でグリーンウェイの肩に乗る物は大きかった訳だけどここ二試合は若返ったようなプレーぶり
もちろんパスカバーでは粗がでるのかもしれないけれど前へのランならまだやれるという事を見せてくれたてる

・フロイドは復帰戦で20スナップぐらいの限られたプレータイムだった。まあ次の大一番で本調子ならば良し
ジョセフは引き続き絶好調。またチームハイのタックルを記録してしまった。

・センデイホは二本ディープパスを許した。
能力はあるんだけどなー。セーフティとして最後尾任せるのはちょっとね、彼のせいで落とすような試合が出ないといいけど
 

WEEK10 VS OAK プレビュー

早くも折り返しを過ぎ、後半戦へ
ここからは負けられない連戦が続く。しかしこの試合はあくまで比較的にだけれども負けられる試合。
 AFCのチームでアウェイなので。逆にいえば勝てると大きいんだけど

OAKも先週に引き続き実力拮抗


・テディVS カー 
同期QB対決はテディもカーも初めて 。
カーの一年目はいい所もみせつつ、非常に波の荒い一年だったと記憶しているが、クーパーの活躍と、OLの安定により、今年はテディをぶち抜く程の成長を遂げたらしい。
テディは後半ブーストかかるタイプなのかもしれないけど今年は期待はずれとまではいかないけれども微妙。
はっきりいってディフェンス比較ならばこちらが圧倒しているはずなので、せめてカーと同じぐらいの成績を期待したい。


・ DL vs OAKオフェンスライン
OAKのオフェンスは強力ながら、今年10点、13点と苦しんでいるのがCIN、DENとハイプレッシャーなチーム 
PFFのデータによると今年VIKESが対戦したチームでOLが平均以上のチームはなく、OAKはパスプロ3位総合6位と相当に強力。
幸いにフロイドが戻ってこれそうなのでインサイド、アウトサイドからどれだけプレッシャーがかかるかが勝負。Cのハドソンが二日連続でDNPなので休むとなるとインサイドから崩す望みは出てくるか

・ディグス(ウェインズ)VSクーパー
ルーキーWR対決。
シーズン前にこの二人が2015ドラフトのトップ2WRになると予想した人はほとんどいないんじゃなかろうか。楽しみな対戦
成績もスキルセットも似ている二人。でもクーパーの体格はやっぱ全然違うよね、この体格であのクイックネスとスピードは流石。ただディープスレッドというよりもRACで稼ぐタイプのようなのでミスタックルには注意
ニューマンは病み上がりだし、プレでクーパーにスピードでぶち抜かれているのでウェインズを使ってほしい。ローズはクラブツリーさんがメインで。 

・怪我LB
 バーとケンドリクスが二日連続で練習してない。
ジマーは二人とも出れるっていっているけどこれは恐らくブラフ含み。最悪二人とも出れないという事を考えておくべき。バーとマックの比較も楽しみなんだけどな
緊急の穴埋めはジェイソントラズニックなる31のおじさん。先発25試合でエドワーズとの繋がりもあるらしいので即先発できそう。できそうだが埋まらないだろうな・・・なんとかクーパーと蟹さんだけでも止めないと・・・中のパスはもうしょうがない

・マスグレイブの帰還
ポンダー擁する時は ミスターコンサバオフェンスだったマスグレイブはクーパーとカー を手に入れた今、非常にダイナミックなオフェンスを展開しているらしい。
なんかムカつくのでミネソタ戦だけあの時のマスグレイブよカムバック。 


この試合に勝てば地区優勝を見据えていこうと思います 

WEEK 9 vs STL

まずは予想外に話が大きくなってるダーティヒット問題から。
先にいうけどテディはこのヒットで退場したが、コンカッションのプロトコルを順調に通過しており次の試合には戻れそうな雰囲気
ジョイナーは試合後のインタビューで 「スライディングしようとするのがわからなかった、見えてたらしなかった」
「ブリッジウォーターと俺は知り合いだし母親同士も知り合いだ。ワザとじゃない。」
 といっているが少なくとも上は嘘だということが分かる。だって5メートルも前からスライディングしてるんだもの。
また明らかに地面すれすれに肩を下げてタックルにいっているわけで普通にタックルにいく時にあの体勢になることはまずありえへん 。ご丁寧に肘まで入れているし

ただ私も含めたミネソタ界隈の反応として、ジョイナーに対して非難が集中している訳ではなく、「あの」グレッグウィリアムズとてめぇでグダグダなペナルティで規律の無さを露呈させといて「スライディングをするQBがヒットされるのは初めてではない」などと○○○○発言をしたフィッシャーにヘイトが向いているようである。
選手もジマーもあいつらはああいうチームだ という反応が多くちょっと遺恨を残しそうな感じです。
あともう一つ明らかなレイトヒットのローヒットがあったけど審判が見逃し。

まあそんな納得いかないこともありなんとか勝てて良かった

STL 18-MIN 21


オフェンス

・テディはまあまあだった。ウォレスへのパスを除いて、いや本当にイップスなんじゃないかってぐらいウォレスと合わんね。テディにも問題があるように見えるのでどうしたもんかね。フリーにはなるから投げない訳にもいかないし
今日はブーツで上手くリズムを作れたように思う。ランとパスとブーツがいい感じで組み合わさっていた


・ランオフェンスはADとガーリーの比較が注目されたけどスタッツだけで見ればADの勝ち
オフェンスラインが好調で特にハリスのブロックがすばらしい。また2TE、3TEを多くつかってたのが効いた。プルイットはブロックもいいし、RACも力づよいし、いい選手だわ
ADもホールの突き方とか最後の1タックルを振り切れないところとかまだ本調子ではないけど徐々に試合感を取り戻している感じはある。
ファンブルは全盛期越えなんだけどね

 ・4Qに入ったヒルだけどちょっとキツいな
ディープがないことが分かっているので前を厚くされると何も出来ないことが露呈してしまった。
まあINTを量産するタイプではないからリリーフするにはいいのかもしれないけどもし来週テディが出れないならハイニキーを使うことも考えてほしい。


・ OTでのコイントスに勝ったけどボールを選ばなかったことは英断だったと思う。まあ結果を出さなければ非難があったのかもしれないけど。
相手のオフェンスとこちらのディフェンスの力関係もそうだし、風向き、なによりQBがヒルでは50ヤード進めるのは相当キツイってのを考えると当然だと思った
結果は6ヤード下げた後パントを蹴らせて、シェレルズのいいリターンもあり20ヤードほど進めただけで余裕のFG
ペナルティの少なさも含めて本当によくやってくれてる


ディフェンス

・今日のゲームボールはジョセフ
もともと今年はプロボウル級のシーズンを送っていたわけだけど、この試合はマジでモンスターだった
スタッツでいってもNTで10タックルというのは相当に変態な訳だけど試合見てても本当に素晴らしかった。
ダブルチームで少しも押されずダブルチームされなければ手さばきで抜いてロスタックル。アウトサイドランにもしっかり対応というNTに求める全てをやってくれた。ガーリーも非凡な動きだったけどジョセフがパクパクと倒したおかげでなんとか抑えたという感じ。フロイドが戻ってきてくるのが楽しみ

・STLはいまどきあまりないオプションプレーを多用してきた。
フォールズはランがないQBだからまだ楽だけどあれでランもパスも決められるようなQBだったら止めるのは相当キツイんじゃないかな
 

・ ニューマンはディープでやられた上に脳震盪で退場。来週は大丈夫らしいが。まあディープで単騎な時点で多少やられるのは仕方ないわな
穴を埋めたウェインズは大事なところでPIを食らったものの、2PDでカバレッジは悪くなかった。もう少し使ってもいいと思う
ローズは二試合連続反則無し。ブロックを外すのは上手くなってるので反則が無くなれば去年以上のパフォーマンスになるんだけどな


・ ケンドリックスの欠場でLBがボロボロだったけどグリーンウェイが今シーズン1のパフォーマンスで穴埋めしてくれた。それはいいんだけどコールまで骨折でシーズンアウト。さらにバーも左手の負傷と来週がまったく不透明な状態。最悪の場合はグリーンウェイ、ワッツ、ロビンソンという布陣も・・・・絶望



詳細未定ながら来週のGB@MINの観戦チャット開設の予定です。
幣ブログを見ている方も参加したい方は是非どうぞ。


 
ギャラリー
  • 3-76 Scott Crichton DE Oregon State
  • 1-32 Teddy Bridgewater QB Louisville
  • 1-9 Anthony Barr OLB UCLA
  • Mother's Day
カテゴリ別アーカイブ