Purple People's Blog

NFLのMinnesota Vikingsについての妄想を垂れ流すブログです

ミネアポリスの奇跡

唐突にブログを再開していきます。 
本当はテディの復帰と同時に復帰するつもりだったのですがキーナム覚醒中のため時期を逃しておりました。
ただ10年に一回あるかのこの機会にいてもたってもいられず・・・

The Play
残り10秒1点ビハインド自陣39ヤード地点タイムアウト無し
フィールドゴール圏内までは最低25ヤード程度進まなければならないかつ、時計を止めなければならないという絶望的な場面。
25ヤードパスを受けたディグスを相手のSが空振りし独走サヨナラタッチダウン
正直私は音を消して死んだ目でみていたのですがプレーが決まって叫びました。こんな劇的勝利はわがチームには訪れないと思っていたから。
細かいことを言うとあの場面で浅めのカバー2を敷いたことも解せないしなぜか飛び込んでウィフしたSと完全に相手のミスなのですがなんやかやの呪いを抱え込んでいた我がチームの歴史に残るシーンなのは間違いないと思います。


Everything else
あとは全て蛇足・・・といっては失礼ですがそんな気持ち
前半はブリーズを2INTと完封していたのですが後半は3TDの崩壊。ただパントブロックや自陣でのINTもありディフェンスを責められない部分もありました。しかしレジェンドQBの風格というかブリーズのラッシュへの落ち着きと後半の修正ははさすがでした。
キーポイントになるかなと思っていたWRとCBのマッチアップではローズが相手のトーマスに対して気迫のプレーで完封とは言わないまでも善戦。最後の4thダウンに持ち込んだシリーズのPDはスラントに対してのお手本のようなカバレッジでした。
注目の相手CB陣とディグスセーレンのマッチアップはThe Playを除いても五分では戦えたと思います。横切るパスでマンカバーをずらすコンセプトがはまったのもありますがセイレンがラティモアからホールディングとPIをもらってももぎ取ったプレーはさすが。


この試合は私は一生忘れることはないでしょうしミネソタでも5年10年と語り継がれる試合になると思いますが月曜日にはすぐにチャンピオンシップがあります。
次はアウェイでPHI戦。
ウェンツがいないため爆発的なオフェンスはなくなりましたがそれでも強敵。
恐らく20点以下の試合になると思います。こちらが20点取れば勝てる!あと2勝です!!


ドラフト三日目

三日目は一転素材型をバンバン指名。


4-121 ウィリービーバース G
カレッジではLTでクイックネスが評価されているらしいが、PFFでは今年のグレード最下位であると酷評。
OSU戦しか見てないけどかなり漏らしとる。ガードにするのはいいけどそもそもゾーン向きちゃうんかと
リーチではないけど三番目の指名であることも含めて今回一番納得の行ってない指名。

5-160 ケントレルブラザーズ ILB
去年全米1の152タックルのガチタックルマシーン。ランストップの鬼。ただビックプレーは少なめでパスカバーに難あり。サイズもなく運動能力も低いと。この辺の理由で落ちてきたのかな。
ハイライトでもSTでのブロックをガンガン決めているので最悪そちらで貢献してくれればよい

6-180 モーツベリンガー WR
6-4で4.4で走るフリーク。ドイツのリーグで1200ヤード以上記録してNFLに来た。
バイキングスファンだったらしく応援したいけど動画見るとちょっとレベルの差がひどい・・・・走り方から学ぶべき。逆に言えば伸び白十分。今年はPSでいいどす。

6-188 デビッドモーガン TE
二部リーグで無双していたブロッキングTE
エリソンがやばいのかと勘ぐりたくなる。シュアキャッチャーではあるがスピードはないのでレシーバーとしては無視していいレベル。不安点はそのまま高いレベルでどうかってこと。


7-227 ステファンウィーサリィ DE
身体能力は高いけどテクニックがまだまだらしい。6つの楽器ができるとか。カットされたら音楽家だな

7-244 ジャイロンカース S
ここでやっとセーフティ。6-4のロマン枠
でも身体能力は普通。PFFでは反応とQBの目を読む能力に長けていると褒めているが・・・。
まあ今年のスタートはグリフィンだろうから来年に賭けてみる価値はある選手。


で、UDFAでもパンターがおらんのですが・・・・

ドラフト二日目

2巡はCB、3巡はトレードダウン
良く言えば強豪の指名と言えるだろうか、でもニーズではないのであまり賛成しにくいBPAではあるけど。
ニューマンはセーフティ固定かな?



2 Mackenzie Alexander



良い点
マンカバーのスキルが高い。
ランディフェンスでもフィジカルである。
抜かれてからのリカバリースピードが飛び抜けている




悪い点
ゾーンは比較的苦手
上背がない
キャリアで0INTとボールスキルがない。


クレムソンでは彼を孤立させサポートをほとんど付けないスキームだったそうだけど彼へのパス成功率は約30パーセント、TD0とガチシャットダウン。代わりにINTは0だけどまあマンカバーコーナーなのである程度は仕方ない。
1年目はマナリンとニッケルを争う事になるかな。スロット経験はあまり無さそうだけどその辺りがどうなるか
最悪去年のウェインズみたいな使われ方でも仕方ない


3 トレードダウン
受け取ったのは今年の6巡+来年の3+4巡
来年の戦力流出を見据えてのトレードだろう。
個人的に欲しい選手は消えていたので悪くない




三日目ともなると欲しい選手は分からないけど、どこのデプスを厚くしてくるのか楽しみ。
でとPは取ってくれ

ギャラリー
  • 3-76 Scott Crichton DE Oregon State
  • 1-32 Teddy Bridgewater QB Louisville
  • 1-9 Anthony Barr OLB UCLA
  • Mother's Day
カテゴリ別アーカイブ